<   2017年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧

子供たちとの対話 考えてごらん / J.クリシュナムルティ 2


死は実に大きな存在です。
心が恐怖から本当に自由でないかぎり、
死のとてつもない美しさと強さと生命力を理解する可能性はありません。

私が恐れているのは何でしょう。
死に怯えるとはどういう意味でしょう。
それは知っているものを、意識の内容を失うことですか。

執着、依存、取得したもの、権力、地位、不安―すべてを理解する。
それらがなくなることが本当の死なのです。
したがって意識を空にするとは、その内容により自分を限定した意識が終わるという意味です。

思考とは時間です。思考の生み出すものはすべて時間の中にあります。
それでも思考は不滅を探求しています。
思考自身の不滅と自分の作ったものの不滅を求めているのです。

人は意識を空にしないかぎり、その意識は河のように流れつづけます。
溜まって蓄積されるのです。
そして意識を見て、観察し、それを空にする人はその流れにまったく属しません。
刻々と生きて、刻々と死ぬのです。
内容が存在しないのです。
とてつもない精力の活動があるのです。

それで時間が止まります。その美しさをごらんなさい。
まさにその美しさこそが不滅です。それは思考が作ったものではありません。
したがって生きることは死ぬことです。
そして愛は本質的に死ぬことです。自我に対する死なのです。
それは性愛とか嗜好とか、思考の名づけた愛ではなく、時間に対して死ぬことです。
それで生と死と愛はひとつです。
差別なく、分離なく、時間の中にありません。
分離なく全体として生きて活動しています。そして、それが不滅です。

[PR]
by yamanomajo | 2017-06-30 07:52 | 言葉

魔法


d0366590_19321912.jpg

[PR]
by yamanomajo | 2017-06-29 19:32 |

蜂と神さま / 金子みすゞ


「蜂と神さま」

蜂はお花のなかに、
お花はお庭のなかに、
 
お庭は土塀(どべい)のなかに、
土塀は町のなかに、
 
町は日本のなかに、
日本は世界のなかに、
世界は神さまのなかに。
 
そうして、そうして、神さまは、
小ちゃな蜂のなかに。

[PR]
by yamanomajo | 2017-06-27 18:10 |

無垢の予兆 / ウィリアム・ブレイク


To see a World in a grain of sand,
And a Heaven in a wild flower,
Hold Infinity in the palm of your hand,
And Eternity in an hour.

一粒の砂のうちにも世界を見、
一輪の野の花のうちにも天国を見、
手のひらに無限をつかみ
一時(ひととき)のうちに永遠を持つ。

[PR]
by yamanomajo | 2017-06-27 18:06 |

俺の心は大地とひとつだ / ノーバート・S・ヒル・ジュニア


東の空と大地が夜明けの色に染まるころ、
ここには新しい生命が息づきはじめます。
いちばんに呼び起こされるのは母なる大地です。
大地は、体を揺すって目を覚まし、起き上がり、
生まれたばかりの夜明けの息吹を感じます。
木の葉や草は風にそよぎ、みんなみんな動きはじめます。
真新しい一日の息吹とともに。
あらゆるところで命が生まれ変わります。
なんと神秘に満ちあふれているのでしょう。
私たちは今、とても神聖なことを話し合っています。
それは、毎日毎日起こっていることなのに。

ザ・クラヒュース・タヒラッサウィッチ 

[PR]
by yamanomajo | 2017-06-27 08:42 | 言葉

子供たちとの対話 考えてごらん / J.クリシュナムルティ


d0366590_19403526.jpg


どの描写も起源を描写できません。
起源には名がありません。
起源は絶対的に静かです。
音を立てて動き回っていないのです。
創造はたいへんに神聖なもので、それは生の最も聖なるものです。

あなたが、生をめちゃくちゃにしたのなら、それを改めなさい。
明日にではなく、今日それを改めなさい。
あなたが不安であるなら、なぜかを見出し、安心しなさい。
あなたの思考がまっすぐでないのなら、まっすぐに、論理的に考えなさい。

そのすべてが定まり、すべてが整わなければ、
この世界、創造の世界には入れません。


[PR]
by yamanomajo | 2017-06-27 08:33 | 言葉

樹が語る世界


d0366590_19263195.jpg

[PR]
by yamanomajo | 2017-06-26 18:31 | 瞑想

エックハルト説教集 / マイスター・エックハルト


d0366590_06425209.jpg


だれかが命に向かって千年もの間、「あなたはなぜ生きるのか」と問い続けるとしても、もし命が答えることができるならば、「わたしは生きるがゆえに生きる」という以外答えはないだろう。それは命が命自身の根底から生き、自分自身から豊かに湧き出でているからである。それゆえに、命はそれ自身を生きるまさにそのところにおいて、なぜという問なしに生きるのである。


[PR]
by yamanomajo | 2017-06-24 19:47 | 言葉

魂に告ぐ / 服部つや


「魂に告ぐ」

いとしい私の魂よ
しずかに独りを守っておいで

孤独の悲哀が
どんなに深くあろうとも
夕暮れの小窓によって
さめざめと寂寞を嘆く
おまえであろうとも
より以上の幸いを
求めてはならない

大きい喜びを願う心
やがては それが
永遠に癒されぬ心の傷手
数倍の悲哀を
もたらす源となるのだから

幸福は 真夏に咲く
毒空木のように
そしてまたは秋咲く
彼岸花のように
遠くで見ている時にのみ
美しい

うるわしい あの影に
深く秘められた 毒の液を
誰が思い及ぼそう

与えられた運命に
満足して静かに
「寂」そのものに浸っているのが
お前にとって一番尊い。

いとしい私の魂よ
唯独りを守っておいで
孤独の悲哀が
どんなに深くあろうとも。

[PR]
by yamanomajo | 2017-06-24 19:46 |

自然農畑 / 6月中旬


d0366590_06260376.jpg


d0366590_06261828.jpg


d0366590_06265885.jpg


d0366590_06265997.jpg


d0366590_06265821.jpg


d0366590_06282166.jpg


d0366590_06285128.jpg


d0366590_06285198.jpg


d0366590_06290563.jpg


d0366590_06285252.jpg


d0366590_06290592.jpg

[PR]
by yamanomajo | 2017-06-23 06:33 | 自然農

孤独、自然、瞑想、哲学、生命。


by yamanomajo
プロフィールを見る
画像一覧