人気ブログランキング |

森の生活 / ヘンリー・D・ソロー


d0366590_14483892.jpg


I went to the woods because I wished to live deliberately, to front only the essential facts of life, and see if I could not learn what it had to teach, and not, when I came to die, discover that I had not lived. I did not wish to live what was not life, living is so dear; nor did I wish to practice resignation, unless it was quite necessary, I wanted to live deep and suck out all the marrow of life, to live so sturdily and Spartan-like as to put to rout all that was not life, to cut a broad swath and shave close, to drive life into a corner, and reduce it to its lowest terms, and, if it proved to be mean, why then to get the whole and genuine meanness of it, and publish its meanness to the world; or if it were sublime, to know it by experience, and be able to five a true account of it in my next excursion. For most men, it appears to me, are in a srange uncertainty about it, whether it is of the devil or of God, and have somewhat hastily concluded that it is the bhief end of man here to ‘glorify God and enjoy him forever.

私が森へ行ったのは、思慮深く生き、人生の本質的事実のみに直面し、人生が教えてくれるものを自分で学び取れるかどうか確かめてみたかったからであり、死ぬときになって、自分が生きてはいなかったことを発見するようなはめには陥りたくなかったからである。人生とはいえないような人生は生きたくなかった。生きるということはそんなにも大切なのだから。また、よほどのことがないかぎり、あきらめるのも嫌だった。私は深く生きて、人生の精髄をことごとく吸いつくし、人生とはいえないものはすべて壊滅させるほどたくましく、スパルタ人のように生き、幅広く、しかも根元まで草を刈り取って、生活を隅まで追い込み、最低の限界にまで切りつめてみたかった。そして、もし人生が厳粛なものであるとしたら、身をもってそれを体験したかった。たいていの人は人生が悪魔のものか神のものか不思議なほど確信が持てないらしく、「神を褒め称え、永遠に受け入れる」ことが地上の人間の主目的だと、いくぶん性急に結論をくだしてきたように思われてならないからである。











by yamanomajo | 2017-06-03 14:55 | 言葉

雪の多い北国で田舎暮らし。独りでいることから何かを見つける人生。カラスたちが友達。自然農で野菜作りをしています。


by yamanomajo