夏の畑、収穫、失敗と学び


d0366590_08001831.jpg

今年最初のジャガイモ(男爵)の収穫。



d0366590_08033645.jpg

小さな可愛い大根たち。



d0366590_08045577.jpg

カボチャ。
ダイナミックな成長力。


d0366590_08045503.jpg

着果して間もない白皮栗カボチャの肌は、
卵のようにテカテカで美しい。


d0366590_13380377.jpg

次々と着果するカボチャたち。
毎朝カボチャたちの様子を見に行くのが楽しい。


d0366590_08122776.jpg

d0366590_08122834.jpg

d0366590_08122838.jpg

どこからともなく現れてカボチャの受粉を手伝ってくれるハチたち。
人が何もしなくても命が育まれる不思議。
命とは本当に不思議なもの…

彼らの一心不乱な姿を見ているだけでも微笑ましく、
時が経つのを忘れて見守ってしまう。

ハチたちは花粉を集めているのだろうと最初思っていたけれど、
どうやら花粉ではなく花の蜜を吸っているらしい。


d0366590_09175077.jpg

被ることなく間隔をあけて規則正しく並ぶカボチャの葉の不思議。


d0366590_09212582.jpg

d0366590_09212595.jpg

よくカボチャの上でカエルが日向ぼっこをしている。



d0366590_09511845.jpg

キュウリも今年初収穫。



d0366590_09511983.jpg

ナスの花。



d0366590_09233163.jpg

ソラマメ。
さやの後ろが空に向かって生長するからソラマメというらしい。



d0366590_09241514.jpg

枝豆の葉。
夕暮れの光に照らされ透き通り、とても美しかった。



d0366590_09241546.jpg

d0366590_09241530.jpg

トウモロコシの葉の上にいたバッタ。
顔が可愛い。



d0366590_09370024.jpg

d0366590_09370059.jpg

なぜか今年、畑で大量発生しているコガネムシ。
枝豆や果樹の葉をたくさん食べてスカスカにしている。
不必要に草を刈りすぎたため彼らの食糧がなくなり、
野菜や果樹のほうにやってきて食べているようだった。
虫の営みと草の量のバランスについていろいろ考えさせられる。

必要なところは刈らなければいけないけど、
虫たちのための草も残さないといけない。
虫たちの食糧や住処をすべて奪わないこと。
本来、自然界に対しては何もしないことが最善だから。

その時その時の状況を見極めることの大切さ。
失敗して気づかされることばかり。
畑という場所でいろんなことを学ばせてもらっている。



d0366590_09591812.jpg

畑にいたクワガタのメス。
山の木に返してあげた。

[PR]
by yamanomajo | 2018-07-18 20:44 | 自然農