人気ブログランキング |

5月下旬の自然農畑


d0366590_19452825.jpg

つるありインゲンの支柱を立てました。
実験的に右側はネット、左側は竹のみにしています。


d0366590_19452895.jpg

d0366590_19452847.jpg

d0366590_19452830.jpg

インゲンの成長はとても早く、蔓も日々伸びてきています。



d0366590_19533892.jpg

枝豆も大きくなり始めました。
今年は1カ所に2本仕立てにしています。

枝豆やインゲンは、種を1カ所に3~4粒蒔くのが普通のようですが、
それだと必ず何本かは間引くことになります。
せっかく発芽したのに、それを間引くという行為に以前から違和感がありました。

種や命を無駄にしたくない。
そこで今年は1カ所に2粒蒔くことにしました。
2つとも発芽したらそのまま2本仕立てで育てればいいし、
1つしか発芽しなければ1本仕立てでいい。
2つとも発芽しなければ、同じ場所にまた2粒蒔けばいいので、
1粒の種も無駄にすることがなくなります。

せっかく発芽した命を無駄にする行為はしたくないので、
この蒔き方のほうがしっくりきます。



d0366590_19391369.jpg

ジャガイモの畝。


d0366590_19391323.jpg

ジャガイモは先日の季節外れの低温によって、多くの葉が枯れてしまいましたが、
脇から新たな葉が生えてすべて再生しました。
生命力の強さに感心します。



d0366590_06455177.jpg

d0366590_06455126.jpg

キュウリ。
そろそろ巻きひげが出てきそうです。



d0366590_06465127.jpg

トマトの花が咲きました。



d0366590_06473837.jpg

露地蒔きしたカボチャ。
発芽してから日に日に大きくなっています。



d0366590_06492859.jpg

今年はイチゴの苗は植えていないのですが、
なぜかあちらこちらからイチゴが育ってきています。
去年植えた苗がそのまま越冬したのか、
それとも、こぼれた種から発芽したのかわかりませんが、
こうして何もしていないのに、自然と命の営みが繰り返されるのを見ると、
その偉大さ、不思議さを感じずにはいられません。


d0366590_06492882.jpg

d0366590_06492809.jpg

可愛いですね。



d0366590_07223178.jpg

d0366590_07223139.jpg

d0366590_07223126.jpg

畑では、カエルの姿をよく見かけるようになりました。
暖かくなり、冬眠から目覚めたのでしょう。
足で踏んづけないように注意しないと。



d0366590_07223216.jpg

d0366590_07223165.jpg

蝶々。



d0366590_07333938.jpg

ゾウムシでしょうか。



d0366590_07343393.jpg

畑からの帰り道。
日に照らされた田んぼが美しかった。











by yamanomajo | 2019-05-31 19:09 | 自然農

雪の多い北国で田舎暮らし。独りでいることから何かを見つける人生。カラスたちが友達。自然農で野菜作りをしています。


by yamanomajo