人気ブログランキング |

自然農畑 8月下旬~9月上旬


鈴虫やコオロギの鳴き声がたくさん聴こえるようになり、
北国もすっかり秋の気配が漂ってきました。
畑では秋に見られる植物が生え始め、夏の終わりを告げています。
夕方は涼しく、過ごしやすい日々が続いています。



d0366590_07001311.jpg

枝豆の様子。
左は春に蒔いた早生枝豆、右は夏に蒔いた晩生枝豆。
早生枝豆はこの時期に枯れ始め、晩生枝豆のほうは花が咲き、実をつけ始めています。
畑の中の黄色と緑のコントラストはとても美しいです。


d0366590_06532761.jpg

d0366590_06544909.jpg

d0366590_06544998.jpg

d0366590_06542377.jpg

d0366590_06542360.jpg

緑から黄金色に変色する枝豆の葉。
虫食いの穴。
一枚一枚が命の芸術性に溢れている。
色、変化、移り変わり、すべてが神秘的。


d0366590_07055915.jpg

d0366590_07055957.jpg

d0366590_07055903.jpg

枝豆の莢も、緑、黄色、茶色と移り変わります。
莢が枯れてカラカラになってきたので、そろそろ大豆として収穫する時期です。
今年は、春蒔きした枝豆もすべて大豆として収穫します。


d0366590_07214173.jpg

晩生枝豆の花。



d0366590_07152194.jpg

d0366590_07152225.jpg

d0366590_07152243.jpg

d0366590_07182041.jpg

インゲンの収穫。
少し成長が遅れ気味のインゲンも多く、収穫はまだ続きます。


d0366590_07235930.jpg

d0366590_07235961.jpg

夏の終わりに、またインゲンの花が咲き始めました。
春から夏にかけて成長が一回りし、もう新たな実は生らないと思っていましたが、
また花が咲いてもう一回りしようとしています。


d0366590_07291776.jpg

この時期でも花が咲き、若莢も生っているので、
インゲンは秋に入ってからもしばらく収穫できそうです。


d0366590_07335474.jpg

つるなしインゲンの莢の上にいたオンブバッタ。



d0366590_07361002.jpg

d0366590_07361076.jpg

小豆です。
枝葉と蔓ばかりが伸びて花が一つも咲きません。
この時期になっても花が咲かないということは、蔓化してしまったのかもしれません。

あとで分かったのですが、丹波大納言小豆は晩生種だそうで、
早蒔きすると蔓化(蔓ボケ)して花が咲かず、実も生らないようです。
丹波大納言小豆は、晩生枝豆と同様に7月中旬ごろが適切な蒔き時だと分かりました。
今年は6月上旬に蒔いてしまったので…失敗かもしれません。

いつも「できるだけ早く蒔いたほうが…」という気持ちになってしまい、
早めに蒔いた結果、結局枝葉だけが大きくなってしまうということがよくあります。
もう少し我慢というか、こと晩生の小豆や枝豆に関しては、
「できるだけ遅く…」を心がけないとダメですね。来年は気をつけます。

北東北においては、晩生の小豆・枝豆の適切な播種時期は、7月上旬から下旬だと感じます。
7月上旬でもやや早いかなという印象なので、7月中旬がベストかなと。

たとえ枝葉の成長がそれほど大きくなくても、
花さえしっかり咲けば、実はたわわに実ります。
逆にどれだけ枝葉が成長し、背丈が伸びても、花が咲かなければ実はつきません。
小豆や枝豆は、枝葉の成長ではなく、
花をしっかり咲かせるということを意識して育てたほうがよいのかもしれません。



d0366590_08045868.jpg

d0366590_08045716.jpg

サツマイモ。
畝全体を覆うように成長しています。
蔓も旺盛に伸び始めますが、放っておくとあっちこっちに伸びるので、
適度に進路方向を変えてあげます。
進路方向を変えるのと一緒に、地面に張り付いた根を引き剥がして蔓返しをします。
蔓返しをすることで、栄養が分散されず、地中の実が大きくなりやすくなります。



d0366590_08114353.jpg

d0366590_08114333.jpg

里芋。



d0366590_08121988.jpg

今年のカボチャの初収穫。


d0366590_08121966.jpg

カボチャの収穫の目安は、ヘタがコルク状になったらと言われていますが、
私の場合、ヒビが縦だけでなく、
ヘタの下のほうで横にもヒビが入ったら収穫するようにしています。


d0366590_08121935.jpg

カボチャはあちらこちらでまた新たに着果しています。



d0366590_08235643.jpg

d0366590_08235669.jpg

大根とカブ。
秋野菜も大きくなり始めています。
今年は、秋野菜の種は1~2週間ほどずらしながら蒔いています。
すべて同じ時期に蒔いて、同じ時期に大量に収穫しても食べ切れず、
長く置いておくと悪くなってしまうので。



d0366590_08330785.jpg

夏野菜の収穫もしばらく続きます。



d0366590_08371366.jpg

ある日の畑の帰り道。











by yamanomajo | 2019-09-06 19:53 | 自然農

雪の多い北国で田舎暮らし。独りでいることから何かを見つける人生。カラスたちが友達。自然農で野菜作りをしています。


by yamanomajo