人気ブログランキング |

自然農畑 9月中旬


もうあっという間に秋です。
朝は気温が下がり、厚手の上着を二枚着ないと肌寒くなりました。
家の周りの田園は黄金色に染まり、眩しい景色を見せています。
虫の音色、舞い落ちる枯葉、色褪せる夏野菜…畑もすっかり秋模様です。



d0366590_19015234.jpg

d0366590_19015260.jpg

春蒔きした枝豆を大豆として収穫する時期が来ました。
写真は三河島枝豆という品種で、表面に白い毛が生えています。
全体的にうっすらとモヤがかかったような表情を見せています。


d0366590_19015202.jpg

d0366590_19015218.jpg

上の写真は三河島枝豆で、下は大豊緑枝豆です。
大豊緑枝豆には毛が生えていないので、表面の色合いが微妙に違います。

収量としては三河島枝豆のほうが1.5倍くらい多かったです。
大豊緑枝豆はもともと枝豆用の品種らしく、あまり大豆としては収穫しないようです。
今回は実験的にすべて大豆として収穫しました。

収穫した莢は、広げて乾燥させています。
のちほど中から豆を取り出す作業をします。



d0366590_19125792.jpg

d0366590_19125759.jpg

こちらは夏蒔きした晩生枝豆で、ちょうど実が大きくなり始めています。

枝豆は、背丈や枝葉が大きく成長すれば実もたくさんつけるというわけではないようです。
どれだけ背丈が成長しても、花がしっかり咲かなければ実はつきません。
ひょろひょろと蔓や枝葉だけが成長して、実はそれほどついていないことも多いです。

養分が背丈の成長のほうばかりに摂られると、蔓ボケして花と実のつきが悪くなります。
そのため、枝豆は種を蒔く時期が重要です。
早蒔きすると枝葉の成長ばかりに養分を摂られて、実のほうは貧相になってしまいます。



d0366590_19212941.jpg

前の記事で、小豆の花が咲きそうもないと書いてしまいましたが、
9月半ば頃から小豆の花が見られるようになりました。
もう咲かないのではと思っていたので一安心。
ただ、枝葉が成長しすぎていつ倒伏してもおかしくないような状況です…


d0366590_19212964.jpg

d0366590_19212983.jpg

初めて見た小豆の花。
黄色で可憐な姿です。



d0366590_19265997.jpg

d0366590_19270042.jpg

カボチャはまだ頑張って成長しています。
一枚も被ることなく規則的に並ぶ葉は神秘的です。


d0366590_19270017.jpg

瑞々しい。


d0366590_19270020.jpg

d0366590_19270003.jpg

カボチャの葉が白くなるのは、よく見られる病気(うどんこ病)です。
これはこれで美しさや生命の不思議を感じます。


d0366590_19342350.jpg

カボチャはもうしばらく収穫できそうです。



d0366590_19375814.jpg

キュウリは成長が止まり、実も大きくならなくなりました。
今年は強風の影響を受けることなく、長い間たくさん実ってくれました。
今年のキュウリの収穫は終わりです。感謝。



d0366590_19432511.jpg

サツマイモは旺盛に成長しています。
蔓はあっちこっち伸びて、別の畝のほうにまで行っています。



d0366590_19494564.jpg

秋野菜たち。



d0366590_19494611.jpg

紅かぶ。
あと1週間くらいすれば収穫できそうです。



d0366590_19494690.jpg

見た目は紅かぶに似ていますが、こちらは赤大根です。



d0366590_19494698.jpg

普通の大根。


d0366590_19494603.jpg

大根の葉は、真上から見るとなんとも言えない美しさがあります。



d0366590_19494633.jpg

コカブ。




d0366590_20013255.jpg

果樹の様子も。
こちらは、つきかがみという品種の桃ですが、
今年植えた一年目の桃の中でいちばん勢いよく成長しています。
他の桃の品種とは成長の勢いと大きさがかなり違います。


d0366590_20051456.jpg

d0366590_20051450.jpg

他品種の桃たち。
西王母、白鳳、あかつきなど。



d0366590_20081463.jpg

続いてスモモの樹。
2年目のハリウッド。


d0366590_20081457.jpg

彩の姫。


d0366590_20081439.jpg

貴陽。


d0366590_20081449.jpg

秋姫。


桃やスモモなどの果樹の成長を見守っていると、
春に新芽を出して勢いよく成長し、暑い真夏はやや成長が止まって休止し、
夏の終わり頃に再び新芽を出して成長を始めるというサイクルのように感じられます。

一年のうち、春と夏の終わりで二段階で成長している印象を受けます。
果樹には何かそういうサイクルというか、決まった秩序があるのかもしれません。




最後に畑のカエルたちの姿を。

d0366590_08522916.jpg

d0366590_08522940.jpg

d0366590_08522905.jpg

畑で見られるカエルたちの愛らしい姿は、いつも心をほっこりさせてくれます。

カエルの手を見ると、ディザインズの主人公・クーベルチュールを思い出します。
虫や動物たちがだけ感じる世界、感じている世界。
人とは違う感覚、触覚、能力。

彼らの目からは世界がどのように見え、
彼らの体は世界をどのように感じているのでしょうか。











by yamanomajo | 2019-09-20 18:49 | 自然農

雪の多い北国で田舎暮らし。独りでいることから何かを見つける人生。カラスたちが友達。自然農で野菜作りをしています。


by yamanomajo