人気ブログランキング |

久しぶりに




久しぶりに、羽が傷ついて飛べなくなったあの白鳥に会いに行きました。
すると…



d0366590_11111500.jpg

あの白鳥のほかに、もう一羽の白鳥がいました。

例年、白鳥がシベリアから飛来してくるのは冬の初め頃なので、
こんな早い時期に飛来してくるのは珍しいです。
しかもたった一羽で。
白鳥は群れをなして飛来してくるのが普通なので。

飛来してきたこの一羽を最初に見かけたのは9月半ば頃で、
それからずっとこの二羽を離れることなくこの場所にいます。

なぜこんな早い時期にたった一羽で飛来してきたのかと思いましたが、これは想像ですが、
昨年の冬にこの二羽は、この地でつがいになったのではないでしょうか。

今年の春、飛べない片方の一羽(パートナー)をこの地に残してシベリアに帰り、
再び会うために、早い時期にたった一羽で戻ってきた。



d0366590_11384736.jpg

一羽で飛来してきた白鳥。
立派で美しい体。



d0366590_11384891.jpg

こっちは羽が傷ついて飛べなくなった白鳥。
羽は以前より少し回復しているようにも見えます。



d0366590_11111518.jpg

d0366590_11111428.jpg

やはり夫婦のように見えます。
白鳥は、一度つがいになると生涯ずっと同じパートナーを貫くそうです。
それだけ絆が強い生き物なのかもしれません。



d0366590_11453340.jpg

10月も半ば。
空からは、群れをなして飛んでくる白鳥たちの鳴き声がちらほらと聴こえてきています。

空から響く白鳥の声が、冬の訪れはもうすぐそこだと告げています。











by yamanomajo | 2019-10-15 18:20 | 生き物

雪の多い北国で田舎暮らし。独りでいることから何かを見つける人生。カラスたちが友達。自然農で野菜作りをしています。


by yamanomajo