人気ブログランキング |

生の河


私は、自分がどこへ行くか知らない。
私という船を運ぶのは、私ではない。
川の流れは、自分の力では止めることができない。
雨の量も、風の強さも、自分で決めることはできない。
いつ降るかも、いつ止むかもわからない。
そもそも、川の上を流れる“私”という船が存在しないかもしれない。
あるのはただ、川の流れだけ。

生は大河の流れと同じ。
流れに逆らう“私”がいれば、私は疲れ、苦しむだけ。
どれだけ必死に流れに逆らっても、計り知れない力で流されていく。
でも、最初から川の上に私がいなければ、流れに逆らう私もいない。
流れに逆らう意志も、努力も、もがきも、何もない。
川の流れに身を任せる“私”も、すべてを受け入れようとする“私”もいなくなる。


ただ、流れている。
流されている“私”は存在しない。
流れに抵抗する私はいない。
流れに身を任せる私もいない。

ただ、流れている。
私もあなたもいない川が、流れている。
ただひとつの、宇宙という川、生命という川が、流れている。
一本であり、無限であり、そして一本である川が、流れている。
始まりがなく、終わりもない川が、流れている。
行きつく先もなく、流れていること自体がその目的である川が、流れている。

命の河とは、始点と終点のない流れ。
円環、永遠。
始まらず、終わらない川。


生の旅に、終わりはない。
行きつく場所など、どこにもない。
終わるものは、何もない。
終わらないから、始まらない。
始まらないから、終わらない。

ただ、流れている。
名前もない、命という河が、流れている。
一つであり、全てであり、そして一つである川が、流れている。


生の河_d0366590_20005123.jpg











by yamanomajo | 2020-01-24 19:30 | 思い

雪の多い北国で田舎暮らし。独りでいることから何かを見つける人生。カラスたちが友達。自然農で野菜作りをしています。


by yamanomajo