人気ブログランキング |

石という星の世界


石が好きです。
昔から、家の周囲にある川辺、家の遠くにある川辺で、石を拾い集めてきました。
家の中には、これまで集めてきたお気に入りの石がたくさんあります。


石という星の世界_d0366590_19353462.jpg

石という星の世界_d0366590_19353564.jpg

石という星の世界_d0366590_19353557.jpg

石には声があり、不思議な魔力があります。
呼びかけられ、引きつけられ、拾い上げます。
理由はありません。
拾わずにはいられないから拾います。

石は、星です。
星のかけらが、石。
星が宇宙の一部であるなら、石も宇宙の一部。

石という存在が“在る”こと。
ただそのことだけで、大いなる神秘。
石は生命であり、宇宙そのもの。


石には、物語があります。
宇宙の歴史があります。
石の声に耳を傾けると、石は自らの深遠な歴史を語ります。
時を超えた、計り知れない歴史とその物語を。


石という星の世界_d0366590_19393862.jpg




“森の声を聞こう。遠い星団から吹いて来る風の記憶を、雲の語る世界の…”

この文章は、ジブリの「耳をすませば」という映画の中で、
主人公の雫が自作小説の冒頭で書き記す文章です。

森羅万象、どんなものにも声があり、記憶があり、物語る世界がある。
森に、風に、雲に宇宙の記憶が刻まれているように、石にも宇宙の歴史と声が刻まれている。


石という星の世界_d0366590_19082277.jpg

石という星の世界_d0366590_12105038.jpg

石という星の世界_d0366590_12105059.jpg

「耳をすませば」の中で、雫が石を手にするシーンがあります。
このシーンがとても好きです。
その後、雫は猫のバロンに導かれてイバラードの世界に入り込みます。

イバラードは、画家の井上直久さんが描く幻想の世界です。
井上直久さんが描くイバラードの世界には、
どこか懐かしい、人間本来の故郷のような、言葉にできない美しさがあります。
家にあるイバラード博物誌をときどき見るのですが、
見るたびに不思議な憧憬と、ファンタジーを超えたリアリティーを感じるのです。
イバラードは間違いなく空想の世界なのですが、その空想の中に本物の実在がある。

以前、井上さんとメールでお話しさせていただいたとき、
井上さんは「自分の描く絵にどんな意味があるのか、自分では分からない」
というようなことをおっしゃっていました。
真の作品とはそういうものではないかと思います。

自分でも分からない内なる力が働いていて、
その力が人を介して描かせ、絵の世界とその意味を完成させている。
絵もまた宇宙の真の声を描写するものであり、
人間の心と魂に対して何か大切なことを伝えようとしている。
人間という存在を媒介にして。

その人は自分では分からないけれど、知らず知らずに宇宙の意志を表現している。
媒介する人間もまた宇宙そのものであるから、
この世界、この世は、宇宙自らが自分自身に呼びかける世界ともいえる。


井上さんの作品は、石を題材にしたものも多いです。

石という星の世界_d0366590_16313625.jpg

この作品のタイトルは「世界は私の標本箱」。
少女が一人で集めたと思われる色鮮やかな石たち。
私はこの絵が大好きで、一時期部屋の壁に飾っていました。


石という星の世界_d0366590_16313610.jpg

「星を集めた日」。


ファンタジーの中にある神秘は、ファンタジーの中だけにあるものではなく、
実は現実世界にも同じようにある。
絵の中の実在と、現実の実在は、シンクロしている。

井上さんはインタビューの記事でこのように語っています。

「僕は、ファンタジーの世界は、“ここじゃないどこか”じゃなくて、“今ここ”にあると思っている。
今僕がいるこの世界がアナザーランド(異世界)。」

「あるんです。そこらじゅうにあるんです。見慣れたものでも、
まったく地球の文明と接点のない人に説明しようと考えると違って見えるんですよ。
ほかのものもみんな見方を変えれば、すごく不思議なものに見える。
それがわかれば、生きていることが面白くて仕方なくなるんですね。」

井上直久さんの公式サイトから、井上さんのさまざまな絵を見ることができます。

井上直久の世界




石という星の世界_d0366590_19570379.jpg

石という星の世界_d0366590_19570321.jpg

ただそこに在る、川辺の石たち。
物の見方、意識の持ち方が変わると、
当たり前のものが当たり前でなくなり、すべてが不思議に見えてくる。
そこに“在るもの”は、みな不思議。


石という星の世界_d0366590_20164880.jpg

石という星の世界_d0366590_20164954.jpg

石という星の世界_d0366590_20164849.jpg

石という星の世界_d0366590_20164906.jpg

「石」という言葉のフィルターを通さずに、存在そのものを見ること。
存在するものが存在するという不思議を感じること。
言葉なしに世界を見つめ、そのあるがままの存在の不思議を感じること。
日常的なもの、当たり前にあると思えるものを、生まれて初めての心で見ること。
そこから生じる、気づき、発見、魂の創造。


石という星の世界_d0366590_15014962.jpg

石という星の世界_d0366590_15040837.jpg

私が生まれて初めてこの地球という星にやって来て、
この地に立ち、みなも輝く川辺の光景を目の当たりにし、
足もとに落ちている“何か”を拾ったら、私はきっと異世界を感じるでしょう。



石という星の世界_d0366590_15222128.jpg

拾い集めてきた石。砂。


石という星の世界_d0366590_15222133.jpg

石という星の世界_d0366590_15222109.jpg

石という星の世界_d0366590_15222214.jpg

石という星の世界_d0366590_15222234.jpg

石という星の世界_d0366590_15222245.jpg

石一つ一つに、独自の声と物語があります。
耳を傾けると、時を超えた対話が始まります。
石という星の世界との対話。
限りなく広がる、宇宙との対話。



石という星の世界_d0366590_15452963.jpg

これは、砂から選り分けた透明なクォーツです。
小さな一粒一粒のなかに、宇宙が内包されています。



石という星の世界_d0366590_19383103.jpg

石という星の世界_d0366590_19383064.jpg

夜の闇の中でランプにかざす石には、
昼とは違った表情と物語があります。











by yamanomajo | 2020-03-19 19:46 | 命・宇宙

雪の多い北国で田舎暮らし。独りでいることから何かを見つける人生。カラスたちが友達。自然農で野菜作りをしています。


by yamanomajo