人気ブログランキング | 話題のタグを見る

霧の海


霧の海_d0366590_16323143.jpg

久しぶりの海。
この日は一面が霧に覆われ、不思議な雰囲気が漂っていた。



霧の海_d0366590_16325565.jpg

霧の海_d0366590_16325671.jpg

霧の海_d0366590_17150536.jpg

海の岩たち。
何十年も変わらず、同じ場所にあり続けるもの。
ずっと波の音を聴いてきたものたち。
海の岩には独特な美しさ、芸術性がある。



霧の海_d0366590_16350393.jpg

砂浜についてからすぐ、足元で見つけた小さな虫。
あとで調べたらヒョウタンゴミムシという名前の虫のようです。



霧の海_d0366590_16323130.jpg

波が寄せては返す。
波がぶつかり合い、辺りにとどろく重低音はまるで唸り声のよう。



霧の海_d0366590_16323233.jpg

濃い霧に包まれた浜辺。



霧の海_d0366590_16341776.jpg

霧の海_d0366590_16350204.jpg

霧の海_d0366590_16553329.jpg

霧の海_d0366590_16554224.jpg

打ち上げられる海の生命たち。



霧の海_d0366590_16574769.jpg

霧の海_d0366590_16574710.jpg

霧の海_d0366590_16574774.jpg

冬にこの浜辺に来たときは、
イタヤガイやタマキガイなどいろんな貝殻が落ちていましたが、
この日はそれらの貝殻はほとんど見られず。
以前たくさん拾ったハスノハカシパンもまったく見られませんでした。

季節や海そのものの動きによって、打ち上げられる貝殻の種類が変わるのかもしれません。



霧の海_d0366590_17133539.jpg

霧の海_d0366590_17133593.jpg

霧の海_d0366590_17133558.jpg

海の宝石、ナミマガシワ。
数は少なかったものの、いくらか拾うことができました。



霧の海_d0366590_17160240.jpg

貝殻の中の砂粒。
これ自体が海の詩。
一粒の砂に、時を超えた宇宙の限りない奇跡、計り知れない叡智が宿っている。

“一粒の砂に世界を…”のブレイクの詩が思い出されます。



霧の海_d0366590_17193440.jpg

帰り際。
霧が少し晴れて、一面がやや明るく。



霧の海_d0366590_17224818.jpg

霧の海_d0366590_17224888.jpg

別の浜辺へ。
この浜辺は、小さな川が海へと続いている。



霧の海_d0366590_17244102.jpg

霧の海_d0366590_17244119.jpg

この川辺で、ウミネコたちが水浴びをしていた。
足がピンク色の個体もいたので、カモメも混じっていたかもしれない。



霧の海_d0366590_17324453.jpg

霧の海_d0366590_17324586.jpg

威厳のある美しい岩たち。



霧の海_d0366590_17370141.jpg

霧の海_d0366590_17380730.jpg

霧の海_d0366590_17370173.jpg

霧の海_d0366590_17393509.jpg

波打ち際と、離れた遠くの丘から。



霧の海_d0366590_17433670.jpg











by yamanomajo | 2020-07-17 17:28 | 日々