人気ブログランキング | 話題のタグを見る

自然農の畑 11月上旬~中旬


11月10日に初雪が降りました。
秋が終わり、もうすぐ本格的な冬がやってきます。



自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16303463.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16303401.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16303425.jpg

初雪が降った11月10日に赤筋大根を収穫しました。
表面に赤い筋が入っているのが特徴です。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16333584.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16333552.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16333577.jpg

赤筋大根は葉の部分も赤く染まるんですね。
繊細な美しさに思わず見とれました。



自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16442824.jpg

翌日の11月11日。
寒さで葉が枯れたので里芋を収穫。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16442889.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16442875.jpg

枯れ、しおれていく里芋の葉にもそれ自体の美しさがあります。
青々として葉を広げているときも、枯れ行くときも、どちらも美しい。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16513920.jpg

里芋の茎の断面。
年輪のよう。
自然には多様な表現と美しさがあります。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16575020.jpg

里芋は上部に伸びた茎を切ってからスコップで掘り起こして収穫します。
来年の種芋として使うものは、芋がついたまま株ごと収穫。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16575000.jpg

食べる用の芋は、一つ一つ株から外して収穫。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_18215861.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_18215862.jpg

種芋用に収穫した株は、茎を逆さにしてもみ殻と一緒にダンボールに入れて保温し、
室内の暖房が効く場所に置いて越冬させます。

昨年収穫した里芋もこの方法で保存し越冬させ、今年植え付けました。
ほぼすべての種芋が発芽して上手くいったので、今年もこの方法で保存します。
去年は試しに、株から外した芋単体のものを何個か同じダンボールに入れて保存しましたが、
それらも植え付け後に問題なく発芽しました。

株ごと保存、株から外して一つ一つ保存、どちらでもよいようです。
ただなんとなくですが、株ごと保存したほうが水分が長く保たれ、乾燥しにくく、
より保存性が高まるのではないかと感じます。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_18215836.jpg

米袋などの保温性と通気性のある袋に入れて保存してもよいと思います。
今年は食べる用の里芋を、米袋にもみ殻と一緒に入れて保存しました。
おそらく、このまま越冬させても種芋として使えると思います。
米袋は何かと便利です。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_06493835.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_06493847.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_06493820.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_06493866.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_06493876.jpg

里芋を収穫してから数日後。
畑に残った枯れた里芋の葉の上で、前日の雨の雫がキラキラと輝いていました。
枯れて変色し、土色に近づく里芋の葉。その上の雫の輝き。
自然はその時々にしかない歌を奏でているようです。



自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_06402072.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_06402067.jpg

いくつか残っていたグラスジェムコーンの収穫。
グラスジェムコーンは、ジュエリーコーン、宝石トウモロコシとも呼ばれています。
粒一つ一つが色とりどりの宝石のよう。



自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16281243.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16281344.jpg

紫花豆。
11月に入ってからもたくさん実がぶら下がっていました。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16334703.jpg

紫花豆の葉が枯れ始めたのは11月半ば。
莢も寒さで柔らかくなり、腐り始めていたようなので、
実が詰まったものだけ急いで収穫。
しばらく乾燥させて中の豆を取り出したいと思います。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16281369.jpg

紫花豆の収穫に合わせて、残っていた他のインゲン豆も収穫。
今年のインゲン豆の収穫は11月半ばですべて終了しました。



自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16451487.jpg

大豆の収穫。
今年の大豆はカモシカの食害を受けてほとんどダメになってしまいましたが、
写真の岩手みどり豆だけはいくらか収穫できました。



自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16523918.jpg

命枯れる季節。
畑のすぐ隣は木々がたくさん生えている山なので、
畑の畝に自然と落ち葉が降り積もります。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16540914.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16540964.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16540991.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_16540923.jpg

畑に残った野菜の葉や茎や実。台所で出た野菜くず。
落ち葉と一緒にすべて土に還ります。

終わりを迎えた命が積み重なり、土が豊かになる。
土から生まれた形ある命が、形なきものになり、また同じ土に還る。
土は命の積み重なり。命の層。
命そのものである土が、また新しい命を育みます。



自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_15455765.jpg

11月上旬。
まだトンボの姿が見られます。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_15455785.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_15455788.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_15455702.jpg

11月のある日、太陽の心地よい暖かさを浴びながら畑のイスに静かに座っていると、
トンボたちが服の上に止まりに来ました。
しばらくのあいだ、友達になったような気持ちでした。


自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_15442033.jpg

自然農の畑 11月上旬~中旬_d0366590_15442190.jpg

同じ日、どこからともなく手の上に飛んできたテントウムシ。
こうした小さな虫たちとのひと時は、かけがえのない時間のような気がします。









by yamanomajo | 2020-11-16 18:53 | 自然農