人気ブログランキング | 話題のタグを見る

わたしは誰でもない エミリ・ディキンスンの小さな詩集 / 川名澄 訳

わたしは誰でもない エミリ・ディキンスンの小さな詩集 / 川名澄 訳_d0366590_12275481.jpg


わたしは誰でもない あなたは誰ですか
あなたも 名無しさん ですか
それなら似た者どうしだわ
秘密にしてね みんなにいいふらされるから

お偉いさん になるなんて うんざり
おおっぴらですよ 蛙みたいに
名前をとなえつづけるなんて 六月のあいだ
ほめてくれる泥沼なんかに




これは手紙をいただいたことのない世界に
わたしが書いた手紙です
やさしくおごそかに
自然が話してくれた素朴な便りです

自然のことづけを
わたしがお目にかかることできない手に委ねます
自然を愛すればこそ どうか みなさん
わたしを やさしく裁いてください




わたしは荒野を見たことがない
わたしは海を見たことがない
けれども知っている ヒースの色あいを
大波の激しさだって

わたしは神さまと話したことがない
天国を訪れたこともない
けれども場所はよく知っている
まるで調べておいたみたいに




ひとつの心がこわれるのを止められるなら
わたしが生きることは無駄ではない
ひとつのいのちのうずきを軽くできるなら
ひとつの痛みを鎮められるなら

弱っている一羽の駒鳥を
もういちど巣に戻してやれるなら
わたしが生きることは無駄ではない




かみさま おねがい
わたしをとりこにしてください
でも ちかづくと いっそう
さびしさがつのりそう




夏のそらがみえる
それが詩である 本なんかにないのである
まことの詩は逃げる




さあ あなたをよこたえてねむりにつかせよう
あなたのなきがらをかみさまがおまもりくださいますように
もしもあなたがいきるならば めをさますまえに
あなたのたましいをかみさまがおつくりくださいますように




アテナイの若者よ 汝自身に
忠実でありなさい
そして神秘に
その他はすべていつわりであるゆえに




この世にいて 天国を見いださなければ
あの世でも見つからないはずだ
わたしたちがどこへ引越したところで
天使たちは隣りの家を借りるからだ




魔法は 歴史的に決着していないけれど
歴史もわたしも
必要な魔法ならすべて見つけている
身のまわりに 毎日でも




手紙とは地上のよろこび
神さまには届きません




在るものすべてが愛だということは
わたしたちが愛について知ることのすべてだ
それでもうたくさん 積荷の重さなら
軌跡の深さにあらわれているはずだ




幸福な人びとがことばを話しています
ありふれたうたです
でも寡黙な人びとが感じているのは
うつくしい言の葉


わたしは誰でもない エミリ・ディキンスンの小さな詩集 / 川名澄 訳_d0366590_12492284.jpg


あなたはエミリ・ディキンスンを知っていますか。

ディキンスンは19世紀のアメリカの詩人です。1830年にニューイングランドの田舎町アマストの旧家に生まれて1886年にアマストの自宅で一生を終えた女性。…

ディキンスンは17歳のとき寄宿制の女子神学院を中途退学してから、人生のほとんどの時間を家族とともに実家で過ごしました。生涯をとおして何かの職業に就いたことも誰かと結婚したこともありません。30代後半になると白いドレスを着ることを好むようになり、めったに人前に姿をみせず、家を訪ねてきた人と部屋の扉をへだてて会話を交わしたというエピソードが伝えられているほどです。

長年にわたって、美しい庭のある煉瓦づくりの家にひきこもり、日常の家事の手伝いや趣味のガーデニングなどをして暮らすかたわら、窓から森がみえる二階の寝室でひとしれず自分のことばを紡いで詩や手紙を書きつづけました。(訳者「あとがき」より)






by yamanomajo | 2022-02-13 13:29 | 言葉