<   2018年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

いと低きもの / クリスティアン・ボバン


d0366590_19375389.jpg


愛には進歩もないし、いつの日か到達できる完璧さもありはしない。成熟し、理性にかなった、大人の愛などない。愛の前ではだれひとり大人ではなく、子供でしかありえない。放棄であり、無頓着であり、精神喪失の精神である子供の精神でしかありえない。

年齢は加算される。経験は積み重なる。理性は建設する。だが、子供の精神は数えず、積み上げず、築かない。つねに新しく、つねに世界のはじまりに向けて、愛の最初の歩みに向けて再出発する。

理性の人は、積み重ねられ、積み上げられ、建設された人間だ。幼年の人は、自分に加算する人間の逆、自分を脱し、すべてのまったき誕生において再生する人間である。球で遊ぶ愚者。あるいは、自分の神に話しかける聖者。あるいは、その両方。

この世界には、世界に逆らう何かがあって、この何かは、教会のなかにも、文化のなかにも存在せず、人間が自分について持つ考えのなかにも、人間が真面目で大人で理性的な存在である自分について持つ致命的な信仰のなかにも存在せず、それはものではなく、神であり、神はどんな場所にあっても、すぐにその場所を揺るがし、打ち壊してしまう。

巨大な神は、幼年期の繰り返しのなか、貧者たちの流した血のなか、素朴なものたちの声のなかにしか、その身を保ちえない。そうしたものたちは総出で、自分の開かれた掌に神をすくう。雨に打たれたパンのようにびしょ濡れになり、震え、鳴き叫ぶこの雀をすくう。泣きわめきながら、裸の手のなかに餌を食べに来るこの神をすくう。

神とは、大人には知りえず、子供が知るものである。

大人には、雀に餌をやり、時間を無駄にしている暇がないのだ。

[PR]
by yamanomajo | 2018-05-31 19:41 | 言葉

飛び立てなかった白鳥


春の初め、一羽の白鳥に出会った。
その白鳥は羽を痛めて飛べなくなり、
仲間たちと一緒にシベリアに旅立つことができなかった。




あれ以来どうなったのだろうかと川に見に行くと、
あの白鳥はまだ同じ場所にいた。

d0366590_20225496.jpg


d0366590_20225459.jpg




冬に再び仲間たちがやって来るまで、
この白鳥はここでじっと待ち続けるのだろうか。
羽のケガが癒えて、またいつか飛び立てる日は来るだろうか。

d0366590_20225418.jpg

[PR]
by yamanomajo | 2018-05-27 21:07 | ある日

出会い


d0366590_08581933.jpg


d0366590_08582662.jpg

[PR]
by yamanomajo | 2018-05-25 20:09 | ある日

野菜と果樹の生長


暖かい日が多くなり、野菜や果樹の生長も盛んです。


d0366590_08423275.jpg


d0366590_08423321.jpg


d0366590_08423344.jpg

芽が出てからのジャガイモの成長の早さに驚きます。



d0366590_08455803.jpg

カボチャ



d0366590_08455810.jpg

ソラマメ



d0366590_08455883.jpg

ダイコン。
秋蒔きに比べると少し生長が鈍い感じがします。



d0366590_08505566.jpg

トマト



d0366590_08491131.jpg

キュウリ



d0366590_08491147.jpg

枝豆



d0366590_08514889.jpg

ハリウッド(スモモ)



d0366590_08514989.jpg

あかつき(桃)



d0366590_08521490.jpg

ラ・フランス(洋梨)



d0366590_08521585.jpg

佐藤錦(サクランボ)

[PR]
by yamanomajo | 2018-05-24 08:56 | 自然農


d0366590_18083458.jpg


d0366590_18082725.jpg


d0366590_18085588.jpg


d0366590_18085514.jpg


d0366590_18085508.jpg


d0366590_19482776.jpg


d0366590_18085651.jpg


d0366590_18093172.jpg


ものいわぬ仏像が好き
言葉のいらない古い寺が好き
雨の降っている池が好き
青い梢をぬらして
白い花をぬらして
ここを愛した人の歌をぬらして
石仏のある道をいくのは
若い僧と老人と二人の
旅人とわたし
石仏のほおをつたうのは
わたしの涙が

/ 神田理沙

[PR]
by yamanomajo | 2018-05-22 18:29 | ある日

人の世と私


心ひとり、自然を友に、孤独を友に、命と向き合って、
静かに生きていきたいと思う。

人の世のモラル、教育、常識、流行、伝統、
あらゆる集団的な思考、集団的な意識から離れて、
自分の運命に忠実に、まっすぐに、生きていきたいと思う。
自分に与えられた生を生き、自分だけの生を創造し、
自分が見出すことができる生と共に歩み、
静かな確信と喜びをもって生きていきたいと思う。

私に人の友があるとすれば、
それは人の世から離れて孤独の中で生を見つめて生きてきた人たちだけ。
会ったこともなければ話したこともないけれど、
目に見えない魂でつながっている人々。
時を超え、生の根底で手を携えている人々。
その人々の魂の声は、今、ここにある。

私にはこの世の友はいないけれど、魂の友ならいつでもいる。


生の運命は“孤独を生きろ”と言った。

生は孤独を強い、孤独を通して何かを伝えようとしている。
それは自分の生きる意味、この星に生まれてきた意味につながっているもの。
生の意味は言葉では言い表しがたいものだけど、
心のどこかで確信をもって分かるもの、感じられるもの。

私が生に何を期待するかではなく、
生が私に何を望んでいるかを知ること。
それが分かれば生に対して揺るがない確信が持てるはず。
生が望み、生が導き、生が運ぶままの生を生きればいいから。
私の意志とか選択ではなく、生それ自体が望むもの。
生の望み、導きを信頼して生きること。
すべて身を任せて生きるということ。


人生の変革は大衆や世間の中で起こるものではない。
変革とは常に自分の内部で起こるもの。
自分の内部で起こらなければならないもの。
それは大衆や集団からかけ離れた孤独の中で生じる。

社会が作り上げてきた様々なもの。
教育、常識、流行、主張、イデオロギー、政治、宗教、伝統―
人が敷いたレールのすぐそばに、まったく別の世界が広がっている。
脱線しなければ何も分からない。

社会に作られる人間になってはならない。
目に見えない他者に自分の人生を作らせてはならない。
すべてから抜け出すこと。目覚めること。
自分の足で立ち、自分で生を発見し、
自分を失わず、真実を失わず、
自分で見つめ、聴き、感じ、気づき、
日々を創造的に生きること。

自分にも分からない新しい自分を創造していける人生。
出会ったことのない自分、出会ったことのない世界に出会える人生。
未知の大地へと飛び立ち、限りない可能性を広げることができる人生。


すべてを空っぽにして、ただ「人間」から始めること。
大地に立つ、ただひとりの人間として。
宇宙に存在する、一つの生命として。

目を開けば、創造の世界が見える。
耳を澄ませば、命と宇宙の声が聴こえる。

ただ人間であること。
人間であることから始めること。
そこには生の限りない創造性がある。
とめどなく溢れる泉の水のように。

<時のはじまり>、それは創造の時であり、インディアンがあらわれた時である。そのころには、先生も指導者もいなかったし、学校もなかった。そこで私はたちは、振り返って創造というものを観察するしかなかった。私たちは自然を学ばなければなかった。自然を模倣しなければならなかった。私たちの文明のすべては、自然を学ぶことの上に築かれた。そういう人間たちが<時のはじまり>のころ、私たちの指導者になった。私たちの宗教ができたのも、このころだ。このような学びを通して、私たちは自分たちの生き方を作ってきた。
<時のはじまり>には、すべての生き物たちに、根源的な<生き方の教え>が与えられた。創造されたもののすべてが、今もそのときに与えられた<生き方の教え>を守って生きている。木も果物も、その教えをけっして外れない。同じ季節がくれば、木は必ず果物を実らせる。動物もけっして間違えない。動物たちも、自分たちが創造されたときのままで生きている。
では、こうして創造されたすべてのもののなかで、人間に与えられた<生き方の教え>とはなんなのだろう?
私たちは創造された世界を見る。・・・そこには、生命があり、円環があり、はじまりも終わりもない尺度がある。
d0366590_06471210.jpg


[PR]
by yamanomajo | 2018-05-20 06:52 | 思い

丘の上には / 志樹逸馬


丘の上には
松があり 梅があり 山桃があり 桜があり
木はまだ若く 背たけも短いが
互いに陰をつくり 花のかおりを分ち
アラシのときは寄りそいあって生きている

ここは瀬戸内海の小さな島
だが丘の頂きから見る空のかなたは果てしなく
風は
南から 北から 東から 西から
さまざまな果実の熟れたにおい、萌えさかる新芽や
青いトゲのある木 花のことば を運んで吹いてくる

それは おおらかな混声合唱となって丘の木々にふるえ
天と地の間
すべては 光 空気 水 によって ひとつに
つながることを教える

風はあとからあとから吹いて来る
雲の日 雨の日 炎天の日がある
みんなこの中で渇き 求めているのだ
木はゆれながら考えている
やがて ここに 大きな森ができるだろう
花や果実をいっぱいみのらせ
世界中の鳥や蝶が行きかい
朝ごとににぎやかな歌声で目覚めるだろう

[PR]
by yamanomajo | 2018-05-19 21:16 |

生命、緑


d0366590_12124362.jpg


d0366590_12165115.jpg


d0366590_12143503.jpg


d0366590_12165140.jpg


d0366590_12161727.jpg


d0366590_12162605.jpg


d0366590_12162608.jpg


d0366590_12133015.jpg


d0366590_12165106.jpg

[PR]
by yamanomajo | 2018-05-16 12:29 | 四季

ウィトゲンシュタインの言葉


人が「神が世界を創造した」と言い、「神は絶えず世界を創造している」と言わないのは不思議なことだ。というのも“世界が始まった”ということが、なぜ、“世界があり続けている”ということよりも大きな奇跡でなければならないのか。
神が世界を創造したとして、今ここにある世界はいったい何なのか。創造されたその世界がまだ持続してここに存在しているほうがより大きな奇跡ではないだろうか。
いや、そもそも、世界の創造と持続は同じ一つのことではないか。
つまり、神はまだ世界に深く関わっている。

-

科学というものが自然や人間を解明しているのだと本気で信じ込んでいる人は、やがて退屈になって眠気に襲われるだろう。
自然の成り立ちや仕組みがすべて科学によって説明されていると闇雲に信じ、自分にはその理屈はよくわからないながらもきっとそういうものだと信じきってしまった以上、自分で考えることも感じることもなくなり、何事にも飽き飽きしてくるからだ。
そういう人はもはや自然の現象に驚かなくなる。神秘に感動することがなくなる。そのあげく、怖さも畏れも失ってしまう。
やがて人間に対しても興味を失い、生きることがとても億劫になってしまうだろう。

-

多くの人は神秘的な印象を与えてくれるものが好きだ。そして、周りに溢れていて見知った事柄を神秘的だと思うことすらない。
だから、昨晩に見た夢について語り、感性について語り、美だの愛だの思想だのについておしゃべりをする。しかし、自分の部屋の机や鉛筆については少しも語らない。
どうしてだろう。ふだんから使っている机や鉛筆や枕や靴だって、夢だの愛だの感性だのと同じくらい神秘的ではないだろうか。そんなありふれたものもまた神秘的だということもわからないのだろうか。

-

マンネリになったこの日常にあきあきした私たちは、どこか遠くへ行けば何か特別な新しい体験ができると思いがちだ。何かもっと自分の人生にとって意味深い体験がどこかにあるはずだと夢想する。
しかし、他人が日常として暮らしている別の場所に行く必要などない。本当の謎はこの日常の中にたくさん埋もれているからだ。
決まった手順で安易にやりすごしている毎日の生活の中にこそ、人生と世界の深みはひそんでいる。そのことに気づいた時、私たちの日々はがらりと変わり、何もかもが新しくなる。

-

「時間が経つ」
「時が過ぎ去る」
「時間の流れ」
「時間の浪費」
私たちはこのような言い方をし、このように信じている。
しかし、時間があたかも流れていくように感じてしまうのは、何かの過程、たとえば時計の針の動きという過程が添えられるときだけだ。
そういう別のものが添えられないかぎり、時間はそういうふうに流れていくことはない。

-

太陽の熱ときれいな水、そして光が充分に与えられたときに芽が出てくるものだ。早く成長させようと力づくで引っ張っても、芽は出てこないどころか死んでしまう。
その扱い方は、他の事柄についても同じだ。

-

本当に革新すべきは自分自身ではないのか。自分がすっかり新しくなれば、自分が取り巻く世界も変わるのだから。

-

世界を変えたいのなら、自分自身が変わらなければならない。すると同時に、世界は変わった自分と同じように変貌する。
そして、君自身が幸福に生きるならば、世界はもっとも大きくなって輝くだろう。



d0366590_19173902.jpg

[PR]
by yamanomajo | 2018-05-13 19:21 | 言葉

梨とサクランボの果樹苗、野菜種の芽生え


果樹苗は新たに梨とサクランボを植えました。
梨の品種は幸水、豊水、ラ・フランスの3種。
サクランボは佐藤錦、ナボレオンの2種。


d0366590_20160628.jpg

幸水



d0366590_20161459.jpg

d0366590_20163996.jpg

豊水



d0366590_20173638.jpg

d0366590_20173779.jpg

佐藤錦




春撒きの野菜種から芽が出始めています。

d0366590_20182577.jpg

ダイコン



d0366590_20184107.jpg

カブ



d0366590_20184051.jpg

ソラマメ



d0366590_20184150.jpg

カボチャ



d0366590_20184162.jpg

ジャガイモ

[PR]
by yamanomajo | 2018-05-04 20:34 | 自然農