シモーヌ・ヴェイユという存在


d0366590_09143212.jpg


人間が存在する唯一の目的は、生きるという闇夜に火をつけることである。
―シモーヌ・ヴェイユ

おそらく私にとって最高の魂の友はシモーヌ・ヴェイユであるし、この生においてヴェイユの魂に出会わないということは決してなかったと思う。ヴェイユという存在、彼女が残した言葉に出会うことは生まれる前からすでに決まっていたような気がする。出会うべくして出会った、出会うことは最初から決まっていた、そんな感じがする。

人生とは・・・偶然に見えながらも実はすべて必然でできている。
出会うべき人、出会うべき言葉、出会うべき場所。
それは初めから、そうあるようにあり、そうならなければならないようになる。

なぜ彼女の言葉にこれほど深く惹かれ、そこにシンクロするかはうまく説明できない。魂の奥底のほうで強く共鳴し、つながっている何かがある。永遠の昔からの友のように。

誰にも言えない不幸。
苦しみの経験。
強いられる孤独。

運命。
必然。

消え去っていく自己。
消えなければならない自己。

無。
ただ無へ向かう力。


私は石のように、無でありたい。
無であるということは生きることを放棄することじゃない。
むしろその逆、卑しい自分(自我)を放棄することで、
一つの生命として本当の喜びや豊かさを持って生きるということ。

生きることに、自由であることに、喜びのなかに、「私」はいらない。
真の生も、自由も、喜びも、幸せも、豊かさも、すべて「私」の外にある。

私、私、私・・・心の中ではいつも私中心の力が声をあげている。
ヴェイユは「私たちのなかに、私、私、私と叫び続けている一匹の動物がいる」と述べている。
その動物の叫び声には何の意味もない、とヴェイユは言う。
苦しいのは私、悲しいのは私、傷ついているのは私、いつも私、私、私。
大事なのは私、大切なのは私、幸せになるのは私、どこまでも私、私、私。
そんな「我」にしがみつく、自分に執着する「私」なんていらない。

「私」こそ、生を闇夜に落とし、光を失わせる力なのだから。

そんな「私」を捨て去って、石のように無でありたい。

無であることは闇に落ちることではない。
生に光をもたらすことだ。

命とは、無であり全、全であり無。
無こそ光。

[PR]
# by yamanomajo | 2018-06-13 07:49 | 思い

初夏、野菜の生長


d0366590_20231154.jpg

ジャガイモ畑。
青々とした葉を眺めるのは気持ちがいいです。


d0366590_17323452.jpg

ジャガイモの花のつぼみ。
もうすぐ咲きそう。


d0366590_17323489.jpg

d0366590_20252563.jpg

今年もテントウムシダマシがどこからともなく発生。
ナス科の葉を食べに来ます。



d0366590_20263928.jpg

カボチャ。
日に日に大きくなる葉に目を見張ります。



d0366590_20313837.jpg

ナス。



d0366590_17360796.jpg

トウモロコシ。



d0366590_17360792.jpg

サトイモの芽もようやく出た。



d0366590_20320536.jpg

d0366590_20320525.jpg

イチゴの花。

[PR]
# by yamanomajo | 2018-06-07 18:48 | 自然農

サツマイモの苗植え


サツマイモの苗は5月上旬ごろからホームセンターなどに出回ります。
10~20本くらいの苗が束になって売られています。

買ってきたサツマイモの苗はすぐに土に植えるのではなく、
まずは家で根出し作業を行います。
根出しをせずに植えると根付きが遅くなり、葉も枯れやすく、
それがサツマイモの生長不良につながります。

去年、根出しが不十分で植えたところ、
生長が一か月ほど遅れ、実が小さめで収穫量も少なくなりました。

これまでの経験上、サツマイモの収穫の良し悪しは、
植え付けの上手さによって決まる、と感じています。



d0366590_20195310.jpg

サツマイモの根出しの仕方はいろいろありますが、
私は適当な大きさのケースに濡れタオルを敷き、
その上に苗を並べてタオルを上から被せる方法で行っています。
このまま一週間ほど日が当たらない場所に置いておきます。
タオルが乾かないように途中で何度か水を加えて湿らせます。



d0366590_20195361.jpg

一週間もすると写真のように根が出てきます。
根出しが確認できたら植え付け開始です。
(根出しのやり方はほかにも、濡れた新聞紙にくるむ、
少量の水の入ったバケツに苗を立てておく、などがありますが、
個人的には濡れタオルがいちばんやりやすいです)



d0366590_18494253.jpg

植え付けの仕方ですが、土に軽く穴を掘って少し水を注ぎ、
新芽の先端と葉っぱの部分は必ず地上に出るようにして植えます。
植えたら根付きが良くなるようにたっぷりと水を注ぎます。
写真のように植えてから数日は葉がしおれて死んだようになりますが、



d0366590_18415361.jpg

一週間もすると葉は息を吹き返して元気になります。



d0366590_18511194.jpg

上の写真は新芽以外の葉が枯れ落ちてしまった苗です。
たとえ葉のすべてがしおれてダメになってしまっても、
新芽の部分が生きていれば苗は必ず復活します。
毎年のことですがサツマイモの生命力の強さには感動します。



d0366590_18511172.jpg

新芽はこの部分です。
この部分が生きていればやがてここから大きく生長します。
植え付け後に苗が完全に枯れたように見えてもすぐに引っこ抜いてしまわず、
数週間は様子を見て判断したほうがよいです。
サツマイモは人間が思っている以上に強い生命力があります。

[PR]
# by yamanomajo | 2018-06-05 19:26 | 自然農

いと低きもの / クリスティアン・ボバン


d0366590_19375389.jpg


愛には進歩もないし、いつの日か到達できる完璧さもありはしない。成熟し、理性にかなった、大人の愛などない。愛の前ではだれひとり大人ではなく、子供でしかありえない。放棄であり、無頓着であり、精神喪失の精神である子供の精神でしかありえない。

年齢は加算される。経験は積み重なる。理性は建設する。だが、子供の精神は数えず、積み上げず、築かない。つねに新しく、つねに世界のはじまりに向けて、愛の最初の歩みに向けて再出発する。

理性の人は、積み重ねられ、積み上げられ、建設された人間だ。幼年の人は、自分に加算する人間の逆、自分を脱し、すべてのまったき誕生において再生する人間である。球で遊ぶ愚者。あるいは、自分の神に話しかける聖者。あるいは、その両方。

この世界には、世界に逆らう何かがあって、この何かは、教会のなかにも、文化のなかにも存在せず、人間が自分について持つ考えのなかにも、人間が真面目で大人で理性的な存在である自分について持つ致命的な信仰のなかにも存在せず、それはものではなく、神であり、神はどんな場所にあっても、すぐにその場所を揺るがし、打ち壊してしまう。

巨大な神は、幼年期の繰り返しのなか、貧者たちの流した血のなか、素朴なものたちの声のなかにしか、その身を保ちえない。そうしたものたちは総出で、自分の開かれた掌に神をすくう。雨に打たれたパンのようにびしょ濡れになり、震え、鳴き叫ぶこの雀をすくう。泣きわめきながら、裸の手のなかに餌を食べに来るこの神をすくう。

神とは、大人には知りえず、子供が知るものである。

大人には、雀に餌をやり、時間を無駄にしている暇がないのだ。

[PR]
# by yamanomajo | 2018-05-31 19:41 | 言葉

飛び立てなかった白鳥


春の初め、一羽の白鳥に出会った。
その白鳥は羽を痛めて飛べなくなり、
仲間たちと一緒にシベリアに旅立つことができなかった。




あれ以来どうなったのだろうかと川に見に行くと、
あの白鳥はまだ同じ場所にいた。

d0366590_20225496.jpg


d0366590_20225459.jpg




冬に再び仲間たちがやって来るまで、
この白鳥はここでじっと待ち続けるのだろうか。
羽のケガが癒えて、またいつか飛び立てる日は来るだろうか。

d0366590_20225418.jpg

[PR]
# by yamanomajo | 2018-05-27 21:07 | ある日

出会い


d0366590_08581933.jpg


d0366590_08582662.jpg

[PR]
# by yamanomajo | 2018-05-25 20:09 | ある日

野菜と果樹の生長


暖かい日が多くなり、野菜や果樹の生長も盛んです。


d0366590_08423275.jpg


d0366590_08423321.jpg


d0366590_08423344.jpg

芽が出てからのジャガイモの成長の早さに驚きます。



d0366590_08455803.jpg

カボチャ



d0366590_08455810.jpg

ソラマメ



d0366590_08455883.jpg

ダイコン。
秋蒔きに比べると少し生長が鈍い感じがします。



d0366590_08505566.jpg

トマト



d0366590_08491131.jpg

キュウリ



d0366590_08491147.jpg

枝豆



d0366590_08514889.jpg

ハリウッド(スモモ)



d0366590_08514989.jpg

あかつき(桃)



d0366590_08521490.jpg

ラ・フランス(洋梨)



d0366590_08521585.jpg

佐藤錦(サクランボ)

[PR]
# by yamanomajo | 2018-05-24 08:56 | 自然農


d0366590_18083458.jpg


d0366590_18082725.jpg


d0366590_18085588.jpg


d0366590_18085514.jpg


d0366590_18085508.jpg


d0366590_19482776.jpg


d0366590_18085651.jpg


d0366590_18093172.jpg


ものいわぬ仏像が好き
言葉のいらない古い寺が好き
雨の降っている池が好き
青い梢をぬらして
白い花をぬらして
ここを愛した人の歌をぬらして
石仏のある道をいくのは
若い僧と老人と二人の
旅人とわたし
石仏のほおをつたうのは
わたしの涙が

/ 神田理沙

[PR]
# by yamanomajo | 2018-05-22 18:29 | ある日

人の世と私


心ひとり、自然を友に、孤独を友に、命と向き合って、
静かに生きていきたいと思う。

人の世のモラル、教育、常識、流行、伝統、
あらゆる集団的な思考、集団的な意識から離れて、
自分の運命に忠実に、まっすぐに、生きていきたいと思う。
自分に与えられた生を生き、自分だけの生を創造し、
自分が見出すことができる生と共に歩み、
静かな確信と喜びをもって生きていきたいと思う。

私に人の友があるとすれば、
それは人の世から離れて孤独の中で生を見つめて生きてきた人たちだけ。
会ったこともなければ話したこともないけれど、
目に見えない魂でつながっている人々。
時を超え、生の根底で手を携えている人々。
その人々の魂の声は、今、ここにある。

私にはこの世の友はいないけれど、魂の友ならいつでもいる。


生の運命は“孤独を生きろ”と言った。

生は孤独を強い、孤独を通して何かを伝えようとしている。
それは自分の生きる意味、この星に生まれてきた意味につながっているもの。
生の意味は言葉では言い表しがたいものだけど、
心のどこかで確信をもって分かるもの、感じられるもの。

私が生に何を期待するかではなく、
生が私に何を望んでいるかを知ること。
それが分かれば生に対して揺るがない確信が持てるはず。
生が望み、生が導き、生が運ぶままの生を生きればいいから。
私の意志とか選択ではなく、生それ自体が望むもの。
生の望み、導きを信頼して生きること。
すべて身を任せて生きるということ。


人生の変革は大衆や世間の中で起こるものではない。
変革とは常に自分の内部で起こるもの。
自分の内部で起こらなければならないもの。
それは大衆や集団からかけ離れた孤独の中で生じる。

社会が作り上げてきた様々なもの。
教育、常識、流行、主張、イデオロギー、政治、宗教、伝統―
人が敷いたレールのすぐそばに、まったく別の世界が広がっている。
脱線しなければ何も分からない。

社会に作られる人間になってはならない。
目に見えない他者に自分の人生を作らせてはならない。
すべてから抜け出すこと。目覚めること。
自分の足で立ち、自分で生を発見し、
自分を失わず、真実を失わず、
自分で見つめ、聴き、感じ、気づき、
日々を創造的に生きること。

自分にも分からない新しい自分を創造していける人生。
出会ったことのない自分、出会ったことのない世界に出会える人生。
未知の大地へと飛び立ち、限りない可能性を広げることができる人生。


すべてを空っぽにして、ただ「人間」から始めること。
大地に立つ、ただひとりの人間として。
宇宙に存在する、一つの生命として。

目を開けば、創造の世界が見える。
耳を澄ませば、命と宇宙の声が聴こえる。

ただ人間であること。
人間であることから始めること。
そこには生の限りない創造性がある。
とめどなく溢れる泉の水のように。

<時のはじまり>、それは創造の時であり、インディアンがあらわれた時である。そのころには、先生も指導者もいなかったし、学校もなかった。そこで私はたちは、振り返って創造というものを観察するしかなかった。私たちは自然を学ばなければなかった。自然を模倣しなければならなかった。私たちの文明のすべては、自然を学ぶことの上に築かれた。そういう人間たちが<時のはじまり>のころ、私たちの指導者になった。私たちの宗教ができたのも、このころだ。このような学びを通して、私たちは自分たちの生き方を作ってきた。
<時のはじまり>には、すべての生き物たちに、根源的な<生き方の教え>が与えられた。創造されたもののすべてが、今もそのときに与えられた<生き方の教え>を守って生きている。木も果物も、その教えをけっして外れない。同じ季節がくれば、木は必ず果物を実らせる。動物もけっして間違えない。動物たちも、自分たちが創造されたときのままで生きている。
では、こうして創造されたすべてのもののなかで、人間に与えられた<生き方の教え>とはなんなのだろう?
私たちは創造された世界を見る。・・・そこには、生命があり、円環があり、はじまりも終わりもない尺度がある。
d0366590_06471210.jpg


[PR]
# by yamanomajo | 2018-05-20 06:52 | 思い

丘の上には / 志樹逸馬


丘の上には
松があり 梅があり 山桃があり 桜があり
木はまだ若く 背たけも短いが
互いに陰をつくり 花のかおりを分ち
アラシのときは寄りそいあって生きている

ここは瀬戸内海の小さな島
だが丘の頂きから見る空のかなたは果てしなく
風は
南から 北から 東から 西から
さまざまな果実の熟れたにおい、萌えさかる新芽や
青いトゲのある木 花のことば を運んで吹いてくる

それは おおらかな混声合唱となって丘の木々にふるえ
天と地の間
すべては 光 空気 水 によって ひとつに
つながることを教える

風はあとからあとから吹いて来る
雲の日 雨の日 炎天の日がある
みんなこの中で渇き 求めているのだ
木はゆれながら考えている
やがて ここに 大きな森ができるだろう
花や果実をいっぱいみのらせ
世界中の鳥や蝶が行きかい
朝ごとににぎやかな歌声で目覚めるだろう

[PR]
# by yamanomajo | 2018-05-19 21:16 |