自然農畑 / 12月上旬


12月3日、今年最後の収穫。

d0366590_18524959.jpg


d0366590_18531013.jpg


d0366590_18531000.jpg


d0366590_18525099.jpg


d0366590_18542682.jpg


d0366590_18530937.jpg


d0366590_18531016.jpg




12月8日、たくさんの雪。

d0366590_18532206.jpg


d0366590_18532273.jpg


d0366590_18532279.jpg

畑は冬の眠りに向かいつつあります。

[PR]
# by yamanomajo | 2017-12-11 19:29 | 自然農


d0366590_18372944.jpg


d0366590_18372943.jpg


d0366590_18373777.jpg


d0366590_18375002.jpg


d0366590_18375155.jpg


d0366590_18375158.jpg


d0366590_18375135.jpg

[PR]
# by yamanomajo | 2017-12-11 18:39 | 四季

神を待ちのぞむ / シモーヌ・ヴェイユ


d0366590_08071229.jpg


愛国主義というものに私は恐れを抱いております。私の申します愛国主義とは、この地上の祖国に付与されている感情を指しています。この種のいかなる感情も、私は、自分のために望みません。この種のいかなる感情も、その対象が何であれ、私にとって不吉なものだということを知っており、確信をもってそう感じているのです。

聖ルカ福音書にある、この世の諸王国に関してのキリストに対する悪魔の言葉ほど深くうがったことを、誰も言ったことも、書いたことも決してありませんでした。「私は、この権威と国々の栄華とをみんなあなたにあげましょう。なぜなら、これらの権威は私に任せられていて、誰でも好きな人にあげてよいのですから」。その結果、社会的なものは不可避的に悪魔の領域となるのであります。肉は「わたし」と言わせようとし、悪魔は「わたしたち」と言わせようとするのです。あるいは、専制者たちのように、集団的意味を含む「われ」という言葉を言わせるのです。そして、その固有の使命に応じて、悪魔は、聖なるもの、いや聖なるものの代用品の悪しき模倣を作り出すのです。

社会的ということは、ある国に関するあらゆることを意味するのではなく、ただ、集団的諸感情を意味しているのです。

ある環境の中に入ることが許され、「わたしたち」と呼び合うある環境の中に住み、この「わたしたち」の一部分となり、いかなる人間的環境であれ、その中で自分の家にいるように感じることを私は望みません。私はたった一人であり、例外なく、いかなる人間的環境とも無縁で、追放された状態にあることが、私にとっては必要ですし、また私に命じられたことであるという感じがいたします。

・・・

非常に大切な事柄においては、人は障害を飛び越えないのだと思います。じっと必要なだけ長く、それらの障害を見つめます。そして障害が、幻想のもろもろの力から生じたものである場合には、その障害が消え去るまでじっと見つめるのです。障害と私が呼びますものもそれは人が善に向かって踏み出す一歩一歩の段階で克服しなければならない一種の無気力状態とは別個のものであります。障害が消え去ってしまう前に、それを乗り越えようといたしますと、相殺の現象をおかす危険性があります。このことは、一人の男の家から一人の悪魔が去っていったところ、七人の悪魔が戻ってきたという福音書の一節が暗示していると思います。

[PR]
# by yamanomajo | 2017-12-08 08:18 | 言葉

干し芋作り


d0366590_09401794.jpg


d0366590_09402572.jpg

サツマイモを蒸かして皮をむき、切って並べて3~4日干す。
日持ちするので保存食にもなります。



d0366590_09403653.jpg

食べる直前にストーブであぶって食べると、
香りが増してより美味しくなります。

[PR]
# by yamanomajo | 2017-12-02 19:03 |

自然農畑 / 11月中旬~下旬


d0366590_16250178.jpg


d0366590_16255096.jpg


d0366590_10270380.jpg


d0366590_10270217.jpg





葉、一枚一枚に命の芸術性。

d0366590_10270306.jpg


d0366590_10270346.jpg


d0366590_10270347.jpg





里芋の収穫。

d0366590_16255010.jpg


d0366590_16255049.jpg


d0366590_16255063.jpg


d0366590_16255172.jpg


d0366590_14311720.jpg


d0366590_14311736.jpg





11月21日、初雪。

d0366590_16264835.jpg


d0366590_16264897.jpg


d0366590_16264998.jpg


d0366590_16264942.jpg


d0366590_16264953.jpg


d0366590_16264945.jpg


d0366590_16281814.jpg

[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-30 17:18 | 自然農

はなしっぱなし / 五十嵐大介 2


d0366590_09284738.jpg


「風景」には、風があります
風は動きつづけ 一瞬さえ 止まることをしません

好きな場所の
好きな光
好きな時間

もういちど味わおうと
狙って行っても 同じ風景は 二度となくて

そのかわりに
また別の おもいがけない出会いがある

興味を持ったら
どこでもいいです
気になる場所で10分間
じっとしていてみて下さい

必ず何かが起こります

[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-30 09:31 | 言葉

自然農に生きる人たち―耕さなくてもいいんだよ


d0366590_16503096.jpg


d0366590_13270519.jpg


「補ったものを“肥料”と考えると間違ってしまうんです。あくまでも、生活のなかから出たものを畑に戻すという発想なんです」

「命の営みにひたすら沿う自然農は、この世界に何ら問題を招かず、永続可能な農のあり方なのです。これからは『何かしないといけない』という考え方はいりません。余計なことをしないことが大切です。環境問題にしても、問題を解決するのではなく、問題を招かない生き方をすることです」




d0366590_13270524.jpg


d0366590_13270648.jpg


「自然農は、あらゆる命を大事にする農だと思います。私たち人間も含めて、多くの命がお互いに作用して、その力が引き出されるのではないでしょうか? 人間が手を加えることで自然が貧弱になるのではなく、逆に自然の力の喜びがあふれかえるような農が、自然農なのかなと思います」

「自然農の田畑に立つと、とにかく気持ちいいんです。体内のリズムが乱れたとき、大きな自然のなかにいるだけで、調子を取り戻せる気がしますが、自然の営みに沿った、余計な手出しをしない田畑でも、多様な命があふれているので、そこに立つと同じような感じを受けるのでしょうね」

「ジャガイモを収穫したあとの畑を、生まれて初めて耕うん機で耕しました。軽油の排気ガスのにおいが鼻につくし、掘り残したジャガイモが切れて出てくるし、逃げまどうカエルの姿を見て、何か違うという気持ちが残りました」




d0366590_13270643.jpg


d0366590_13270624.jpg


「有機農業は何か違うという気がしていたんです。草がなくてかわいそうって思っちゃって。畑が砂漠に見えるんですよね」

「雪国や寒冷地では自然農はやりにくい、できないと思われる人もいますが、そんなことはありません。たしかに暖かい土地のほうがやりやすいけど、周りの自然は豊かなんだから、種をまく時期や定植の時期をずらしたり、品種をちゃんと選んだりすることでじゅうぶんの恵みをいただけます」

「自然農を中心にして、肥料のにおいがしない、野菜の香りがするものを作りたいですね」




d0366590_13273447.jpg


d0366590_13273402.jpg


「自然界のことわりに沿えばできる。沿わなければできない。簡単なことなんです」

「小学六年生のとき、突然“死の恐怖”が襲ってきたんです。それからずっと、その恐怖をどうしたら克服できるか、私の人生の大きなテーマになっていました。
(自然農に出会い)個々の命は別々でも、すべての命はつながっているんだと実感できて、死の恐怖に対する長い旅は終わりました。川口さんに出会って、大いなる安心の世界に誘われたのです」




d0366590_13270677.jpg


「自分が変われば土が変わる。土が変われば田畑が変わる。田畑が変われば米や野菜が変わる。米や野菜が変われば世の中が変わる。そんなことを思いながら、草々や野菜たちといっしょに自然農を楽しんでいます」

[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-25 13:11 | 自然農

嘗て唄へる / 服部つや


「嘗て唄へる」

ただ独り
黙々として 歩むによし
ここ 野辺の路
前に人なく 後へに人なく
静寂はあたりに満ち満ちて
今し わが心
深き思いに沈みゆく

ただ独り
黙々と君を想うによし
ここ 野辺の路
君を偲ぶにふさわしき
うすむらさきの わすれな草
そして四つ葉のクローバーも
かたへにあるゆえ

ただ独り
黙々と来る日を想うによし
ここ 野辺の路
照り輝く太陽と
爽やかな風の中を
幸いの翼にうちのりて
今し わが心
果てしなきみ空を
かけりゆく


d0366590_08454877.jpg

[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-22 17:34 |

林の中


d0366590_20280985.jpg


d0366590_20281819.jpg


d0366590_20280922.jpg


d0366590_20281099.jpg


d0366590_20302476.jpg


d0366590_20302438.jpg


d0366590_20352742.jpg


d0366590_20352643.jpg


d0366590_20331865.jpg


d0366590_20373476.jpg


d0366590_20313019.jpg


d0366590_20323051.jpg


d0366590_20323611.jpg


d0366590_20365501.jpg

[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-18 17:05 | ある日

柿の渋抜き



柿の葉がすべて枯れ落ちると、深く色づいた実だけが残り、
背景の空の青さにより映えます。

d0366590_18393266.jpg


d0366590_13144933.jpg


d0366590_13155388.jpg


d0366590_18400184.jpg




収穫した柿の渋抜き。

d0366590_18453650.jpg


d0366590_18490345.jpg

柿のへた(枝)の部分をペンチで取り、
ホワイトリカー(焼酎)に数秒漬ける。



d0366590_18505472.jpg

大きめの容器にビニール袋を敷いて、
焼酎に漬けた柿を上向きに並べていく。



d0366590_12173062.jpg

ヒモで封をして空気が入らないようにし、
直射日光が当たらない暗い場所に置く。
1、2週間もすれば渋が抜けます。



d0366590_13254861.jpg

[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-17 13:31 |

自然農・野菜作りで参考にしている本


d0366590_16500013.jpg

自然農・栽培の手引き / 鏡山悦子・川口由一



d0366590_16500053.jpg

自然流家庭菜園のつくり方 / 徳野 雅仁



d0366590_16503096.jpg

自然農に生きる人たち―耕さなくてもいいんだよ / 新井 由己



d0366590_16503124.jpg

妙なる畑に立ちて / 川口 由一



d0366590_16510015.jpg

自然農にいのち宿りて 目覚め・悟り・成長への道すじ / 川口 由一



d0366590_16510104.jpg

土の学校 / 木村 秋則



d0366590_16503199.jpg

リトル・フォレスト / 五十嵐 大介



d0366590_16503051.jpg

ecocolo エココロ No.67「ブラウン・ライフ」

[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-14 17:12 | 自然農

自然農畑 / 10月下旬~11月上旬


d0366590_15201264.jpg


d0366590_18023335.jpg


d0366590_15205678.jpg


d0366590_15205580.jpg


d0366590_18025937.jpg


d0366590_18025931.jpg


d0366590_18033128.jpg


d0366590_18040850.jpg


d0366590_18050739.jpg


d0366590_18040704.jpg


d0366590_18060533.jpg


d0366590_18065748.jpg


d0366590_18065196.jpg


d0366590_15215119.jpg





d0366590_18083831.jpg

d0366590_18084406.jpg

大根、赤かぶの甘酢漬け。




d0366590_13002646.jpg

野菜くずはすべて畑の土に還します。


[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-11 11:44 | 自然農

色彩


d0366590_19183149.jpg


d0366590_19183150.jpg


d0366590_19183265.jpg


d0366590_19183276.jpg


d0366590_19183297.jpg


d0366590_19183303.jpg

[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-06 19:39 | 四季

山歩き


d0366590_19020242.jpg


d0366590_19020243.jpg


d0366590_19020271.jpg


d0366590_19020351.jpg


d0366590_19020362.jpg


d0366590_19020380.jpg


d0366590_19025793.jpg


d0366590_19025763.jpg


d0366590_19025828.jpg


d0366590_19025831.jpg


d0366590_19032786.jpg


d0366590_19032760.jpg


d0366590_19032781.jpg

一つ一つに命の声がある。

[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-04 19:26 | ある日

死の美


d0366590_19122951.jpg


d0366590_19122929.jpg


d0366590_19123094.jpg

[PR]
# by yamanomajo | 2017-11-03 19:16 | ある時